桜の季節に合う、ピンク色の訪問着

淡い、桃色の訪問着が似合う季節がやってきました

こちらの訪問着、春に合う色合いです。
紗綾型ベースの扇の吉祥文様が入った訪問着、
実は門前仲町のリサイクルショップで5000円で購入しました。
シミなどはなく、状態は本当にいいです。
裄は本当にちょっとだけ、3ミリほど(鯨尺で一分ほど)短いのですが、
身丈も身幅もピッタリ、本当によい訪問着に出会えました。
袋帯も同じリサイクルショップで購入、2000円で、状態は非常によく
銀糸の花文様のものです。
帯揚げ、帯締めは礼装用の白もの。
コロナの話題で世の中少々沈んでいますが、
こんな明るい晴れやかな着物で、自分のみならず、周りの人も明るくしたい気がしますね。
ピンク色は、この季節の力も借りて、心の窓をパっと開いてくれる美しい色だと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. かつての教え子が着物体験をしに遊びに来てくれました

  2. 男性用浴衣、購入時におさえたい3つのポイント

  3. 長襦袢の「単衣」って、いつから着るの?どんな種類があるの?

  4. この俳優さんに、ぜひ着付けをしてみたい!

  5. 50代より20代の女性の方が着物を着たい人が多いという事実(…

  6. MIZUHOさんのコットンパール帯留めを購入しました!