おうち時間を工夫で楽しく!お絵描きで着物コーディネート

『着物って楽しい!』
~多くの日本人女性に、もっと気軽に着物を~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で5分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の自宅個人教室で笑顔になれる優しい着付けレッスンをしています☺

こんにちは。
「おうちで過ごそう」
この時期に、着たい着物で外出もなんだかできませんね。
お店へ行ってきれいな着物をみたり、コーデを参考にしたり、
あれこれ手にとって帯揚げや帯締めを組み合わせたりすることもできません。
さて、
そこで、今日はおうちでできる着物コーデの練習方法をご紹介したいと思います。
その名も、
お絵描きで着物コーデ!
私はiPadのノートアプリ(Good Notes 5)を使って、
お絵描きしてみました。
お絵描き方法は、☟の通りです。ぜひご参照ください☺

まずベースの線を書きます。
そして、一つ書いたら、コピペして、計4つ作ります。
(肌色や髪の色はすでに塗ってあり、それもコピペしています)
そのあと、自由に描きます。
アプリのペン昨日を使って、水彩画のように描くことができますよ。
できあがりはこちらです。
大人の塗り絵みたいで楽しかったです。
今日のテーマは、四季にあった着物コーデ。
(きもの×帯×帯揚げ×帯締め)
左上:
色とりどりの花が咲いている公園の中。薄ピンクの着物と赤紫の帯。
帯締めの黄色が、花のめしべみたいですね。帯揚げの赤も隣の花と調和しています。
右上:
海辺を散歩しているイメージ。
さわやかなグリーンの着物と、縦ストライプのブルー帯。
帯締めはパープルで全体をしめました
左下:
美術館の中。モスグリーンの着物とベージュの帯。
青紫の帯揚げがモダンでおしゃれです
右下:
木々もすっかり枯れ、冬の風景に。
濃いめのグレー地の着物に鮮やかな赤の帯。大胆な赤っていいですね
茶色の帯締めに紺の帯揚げ。

いかがでしたでしょうか。
お絵描きなら、色遊びは無限大!
自分の手持ちの着物や帯だけでしたらコーディネートは限界です。
でも、お絵描きは自分の発想で自由にコーディネートできます
もちろん、
iPadではなく、紙でもいいですし、スケッチブックでもパソコン(ワードやパワーポイント)でもOK!色鉛筆や水彩画セットは100円ショップでも売っていますよ!
絵が苦手な人は顔☺の「マル」と着物の「シカク」だけ描くだけでもいいと思います。帯、帯締め、帯揚げはてきとうに描くことができます。
わたしも、
けっして、
イラストのプロではありませんので、
自由に、気のままに描いています。
ということで、
みなさんも、この「おうちで過ごそう」期間に、
ぜひ、たくさん妄想して着物コーデを楽しんでみてください☺

東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:完全プライベートレッスンorセミプライベートレッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・豊洲・晴海・日本橋・門前仲町方面を中心に承っています。(その他エリアもOK!)
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 夫婦の浴衣コーディネート・日本橋へGO!

  2. 表参道の「くるり」で帯揚げと帯締めを購入!

  3. 春になったら明るいグリーンの帯揚げを

  4. 初夏に出番の多いブルーの着物バッグ

  5. 白地の着物に白地の帯を合わせてみたら

  6. お正月の着物コーディネート・シックに装う