2020年夏、新しい、浴衣での過ごしかた

『着物って楽しい!』
~多くの日本人女性に、もっと気軽に着物を~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で5分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の自宅個人教室で、笑顔になれる優しい着付けレッスンをしています☺

浴衣を「近所へぶらっと出かける日常着」へ

こんにちは。
昨今、
夏の色んなイベントが中止となっています。

グーグルで、
「夏」「イベント」「浴衣」で検索しても、
中止の案内ばかりが掲載されます。

2020年夏、
当教室のある東京の東側でも、

日本橋のイベントも、
築地本願寺の盆踊りも中止、
隅田川の花火大会も中止。

じゃあ、
今年は浴衣をきる機会はないね。
って、そうなっちゃいますよね。

だとしたら・・・

今年は、
考えを変えて、
浴衣の出番を違った形にしようかなと思います。

「近場で楽しむ」浴衣です。

近場っていっても、
イベントないよ、と思われるかもしれませんが、
わざわざ
イベントに参加しなくてもいいのではないかと
思っています。

2020年4・5月に経験した、外出自粛。
家にいることが多くなり、
近場に楽しみを見出そうとしました。
普段散歩しない道を、ゆっくり散歩したり、
景色をよく見たり、
鳥の声や風を感じたり。
その時、とってもきれいな花を見つけたり。

実際、そうやって、
楽しみが見つかりました。

身近なお店がテイクアウトを始め、
買ってみたら
美味しかったり。

実は近場で
いろんな発見があったんではないかと思います。

私は、
そうでした。

だから、
今年は、
浴衣でイベント参加する、というのではなく、
近所のごはん屋さんに、浴衣姿で食べに行く、とか
ようやく営業できるようになった飲み屋さんに浴衣で飲みに行くとか、
または、
(我が家の場合は)ぼ~っと隅田川沿いを浴衣姿で歩いてみるとか、
近所の自然豊かなところを散歩とか。

そんな感じで
浴衣を着て、
近場に出かけようと思っています。
日常着として
楽しもうかな、と。

浴衣を「イベント着」とせず、
「近所へぶらっとでかける日常着」に
してみようかな、と。

みなさんも、
今夏は
浴衣の敷居を低くし、
ぶらりと近場を
歩いてみませんか?☺

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:完全プライベートレッスン or セミプライベートレッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・門前仲町方面を中心に承っています。(その他エリアもOK!)
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 50代より20代の女性の方が着物を着たい人が多いという事実(…

  2. 着付け講師は、着物の洗いをどこに出している?

  3. 昨日の成人式、いろいろ場面・晴れやかな振袖姿

  4. 着物でお出かけ、冬の足元対策は?

  5. メンズ浴衣の買い方ポイント記事3選

  6. 近い未来も遠い未来も考えず、ただ今着たいから着物を着る。