「肌襦袢の代わりに半袖カットソーを着てもいい?」の回答

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で5分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

肌襦袢の役割が同じなら、半袖カットソーでも・・・

【2021年5月15日】

こんにちは。

昨日に引き続き肌襦袢についてのご説明をいたします。

生徒さんからたま~に、
「肌襦袢ではなく半袖カットソーではだめですか?」
と聞かれることがあります。
市販の半袖インナーではだめか、と。

引用:ベルメゾン

うん、
たしかにそうですね。もはや機能としてはカットソーインナーでもいいかもしれません。

しかし、
私個人の考えとしては
それでもやはり「肌襦袢のほうがいい」
ということになります。

理由は次の3つです。

① 和装ブラはつけていますが、自分の肌のすべすべ感(たぶん)と長襦袢のツルツル感の間に、綿ガーゼの摩擦感が必要。→長襦袢を滑らせないで、体にフィットさせるため。
② とにかく綿ガーゼは気持ちいい。洗いざらしの綿ガーゼを着た瞬間の心地よさはたまらない。シャリシャリ&ふわふわ感。
③ 脇の下(身八ツ口)があいているのがポイント。夏場は時にです。肌襦袢の脇下がスースーとして、熱を逃がしてくれて涼しい。(あ、逆に冬は寒いですね。笑)
カットソーの脇下部分は汗を吸い取ってくれますが、その機能より、私は「わきの下に布地があって熱い」のが嫌です。ご想像ください、半袖Tシャツで、袖回りが広いものは脇の下がスースーして涼しいと思いますが、ストレッチ素材のピッタリカットソー半袖はむれて熱いです。ノースリーブを着た時のあの空気が入るスースー感をご想像いただいてもOKです。

引用:Amazon

引用:Amazon

 

 

いかがでしょうか。

ということで、
本題の
「肌襦袢の代わりに半袖カットソーを着てもいい?」

の回答は、

「はい、いいです」

付け加えとして、

でも、
「着心地と長襦袢の体へのフィット感は変わりますよ」
ということになります。

あくまでも私個人の感想ですので、
絶対ではありませんが、
私は肌襦袢派ですね。

綿ガーゼの洗い立てのシャリシャリ感、
そしてふわふわ感、
正絹の長襦袢を着た時のスルスル感、
肌触りに敏感な私としては、
こういう心地よさも着付けの一つとして楽しんでいますよ。

みなさんは
どうですか?  ☺

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・人形町・門前仲町方面を中心に承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

 

着付け教室、出張着付け、よみがえれ☆お着物プロジェクトについて

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 裾よけと肌襦袢「着る順番を逆にするとダメですか?」

  2. 【着付けのギモン!】衿芯はどちら向きが正しい入れ方?

  3. ワンピース型「着物スリップ」が着たい場合の購入アドバイス