「ちょっとの着物外出」練習が、着物本番の日に役に立つ

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

少しずつ着物で外を歩き、慣らしていきましょう!

【2021年6月10日】

こんにちは。
暑い日が続きますね。
東京はまだまだ緊急事態宣言下。
梅雨に入りそうな入らなさそうな、
そんな天候が続いています。

そして、
私はそんな天候と緊急事態宣言下でも日々レッスンをしており、
レッスン後はたまに近所のスーパーで買い物をしております。

こちらの写真は当教室ホームページの
講師プロフィールでも掲載している写真です。


近所のスーパーから帰ってきた姿。

あ、
あつい~~~

 

という声が今にも聞こえてきそうな
そんなくたびれた顔をしていますねぇ。
(そんな写真を講師プロフィールに載せるなー!笑)

着物は私にとって
普段着です。
週に5日は着ていますので
普段着です。

「着物は特別な時に着るもの」

この考えもアリだと思いますし、
ナシでもいいと思います。
人それぞれ価値観が違いますので。
特別な時しか着たくない人もいれば
もっと身近に普段使いで着たいという人もいる。

でも共通して言えることは
どちらも
外へ着物で歩くのは
慣れておいた方がいい
ということですね。

ぶっつけ本番、お出かけの日しか着ません!
というのは、ちょっと危険。

街中の歩き方、
草履の具合、
足袋の具合、
階段やエスカレーター、
カフェやレストランのトイレ、
食事中の前掛けの準備、
座ったり立ったりするときに気を付けること、
ちょっと雨が降りそうな日・・・

などなど

失敗と「気づき」を重ね
この少しずつ経験の積み重ねにより、
お出かけ本番では心配事が最小限に抑えられ
安心して着物で外出できます。

当教室では
レッスン後にそのまま着物でご自宅まで帰ってみませんかと
ご提案させていただいております。
たった片道の道のりですが、
とても良い練習になるんですよ。

ちなみに、
これは笑い話ですが、
とある生徒様が、

「先生、ゆうべ、永田町駅構内のコンコースで
 帯がズルズルズル~~~~っと
 ほどける夢を見ました・・・

とおっしゃっていました。
夢でよかったのですが、笑
この夢以来、
こちらの生徒様は帯をしっかり、帯締めもかなりしっかり
結ぶようになりましたよ。
時々教室からご自宅まで着物でお帰りになっていますので
正夢にならないよう、
気も身も引き締めて帯結びをしていらっしゃいます。☺

ということで、
少しの勇気を振り絞って、
どうぞみなさまちょっとの着物外出に
トライしてみてくださいませ💛

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・人形町・門前仲町方面を中心に承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

 

着付け教室、出張着付け、よみがえれ☆お着物プロジェクトについて

 

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 長襦袢の衣替え・洗濯大会!

  2. 50代より20代の女性の方が着物を着たい人が多いという事実(…

  3. 着物の古典柄に、急に興味が湧いてきた !まるで謎解き

  4. 花嫁衣裳も今が変化時?色打掛のデザインに対して望む声

  5. 効率的に衣替えする方法!秋に向けての着物、長襦袢、半衿等

  6. 門前仲町の着物リサイクルショップ「今昔ながしま」がおすすめの…