着物の桜、紅葉、椿の柄は必ず季節を守る必要がある?

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

年中着られるケースもあります

【2022年6月16日】

よく生徒さんたちから質問されることの一つとして、
着物や帯の柄について。
「この柄、どの季節に着られますか?」
です。

実は、柄は
①季節を守ったほうがいいケース
②年中着られるケース

があります。

たとえば桜。
桜の花びらがリアルな感じで描かれ、
葉も枝も、色がついて表現されている場合は、
3月、4月上旬(今は満開も早まっているのでそれ相応の時期)
に着た方がいいですね。
でも、
花びらが一色で、小紋に全体に柄がかかっている感じのものとか、
デザイン化されている(幾何学模様っぽい感じ)とか、
そういうのは年中着られます。

紅葉もそうです。
リアルに色がついていたら(オレンジ、黄色、黄緑など)
9,10月に着たいですね。
でも、例えば一色で描かれていたり、
または他の植物と一緒に描かれている場合は
年中OKです。

となると椿なんかもそうですね。

 

このようなことが
わかりやすく書いてあるのが
こちらの書籍になります。

高橋和江著『きものの不安をスッキリ解決!』河出書房新社

とてもわかりやすく、
また昭和の考え方ではなく、笑
現代の考え方で記述されているので
おすすめです。
(決して昭和を非難しているわけではなく、
時代というのは変化していくものなので、
「昔のルールで止まっていない」ということが大切だ
ということです。今や、時代どころか、
地球環境も「天候」も昔と比べ大きく変化しています。

着物という衣装もそれに沿っていくものだと思っています。)

要は、ま、パッとみたときに、
季節の情緒を感じる絵柄なら
その季節に着るといいんじゃない、
ということだと思います。

いかがでしょうか?

ぜひ、柄とその季節についてもっと知りたい方は
上記の書籍を一読してみてくださいね。🍀

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. かわいい半衿おすすめショップ

  2. 40代からの体型カバー・新しいファッションのかたち

  3. 衣裳は、着物は、人の心に寄り添えるのだろうか

  4. 4月から9月までの着物の衣替えとおすすめ生地メーカー

  5. 紅葉の季節とお着物、とてもマッチします!

  6. 人それぞれ、着物のスタイルが違います。それぞれ違って、良いの…