「き楽っく」長襦袢、衿が決まりやすいと生徒様ご満悦

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

二部式もうそつき衿も、指導しております

【2022年6月24日】

継続コースの生徒様、
この日はお茶のお稽古が終わった後に
さらに当着付け教室にて着付けレッスンです。
ハードですね!

この日はすぐに着付けのチェック。
何点か指摘をし、
長襦袢から着直していただきました。

着姿はこちらです。☺スッキリした着姿になりました✨

背紋もバッチリ背中心にきましたよ。
うしろのしわ取りもOKです!

さて、
こちらの生徒様、
この日初めて
衿秀さんの「き楽っく(絽)」をご着用されました。
サイズはM-fit、色はオフホワイト。
大変着やすいらしく
衿も崩れにくく、
とてもお気に召した生徒様、
次は袷のき楽っくを購入すると
意気揚々でいらっしゃいました。

一応当教室ではき楽っくがきれいに着られる着付けを
ご伝授させていただいております。
き楽っく以外でも
色々なタイプの長襦袢の着方をお伝えしていますよ。

二部式も、うそつき衿も、
それぞれコツがあるので、
各々がお持ちの長襦袢、半襦袢に合わせて
ご指導させていただいております。

とにかく、
こちらの生徒様は
き楽っくの、この衿がばっちり決まるのが
最高!とおっしゃっていました。

私もお着付け姿を拝見しておりましたが
着物着付けの途中、
あ、ここでその動作をすると衿元崩れるよなぁ~
と思ったのですが、その瞬間でも
全然崩れない。
う~ん、綿素材の部分の効果はあるといえ
この長襦袢の構造上の良さがあるのだろうなと
感心しながら眺めておりました。
(いや、指導しておりました)
しかし。。。
私見ですが、
き楽っくは、衿の形に特徴があり
(衿肩あきがたっぷりとってある)
特に後姿を見るとわかるのですが
なんといったらいいか。。。
なんとなく人工的な構造をしていて
(そりゃそうなんですが…)
あたたかさに欠けるというか
体には馴染んでいるようで馴染んでいない、
という感じがします。
広衿の固さのせいかもしれません。
ま、要は
既製品だなぁという感じということです。
お誂えには
そこは叶わないかなと
当然なんですが、
そういう目線で「き楽っく」を見ている私だったりします。

もとい、
でも、き楽っくは良い製品だと思います。
半衿替えが面倒な方や
持っている着物の裄丈がまちまちだったりする方にとっては
き楽っくの機能は本当に助けになると思います。
長襦袢ストレスから解放されますね。
洗濯もしやすいですし。
私はほぼ毎日着物を着ているので
どうしてもお誂えのほうがいいのですが
週に一度、月に数度しか着ない方にとっては
き楽っくはとてもいいものだと思います。

こちらの生徒様、
次回はアンティーク単衣と半幅帯です✨
また楽しんで着付けレッスンいたしましょう~☺🍀

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 【着付けレッスン風景】初心者さんの味方、自分サイズの大島紬!…

  2. 二重太鼓とお茶会と私。

  3. お子様の七五三で 礼装(訪問着&袋帯)の着付けをご自身でチャ…

  4. 訪問着着付けを短期間で習得!完全プライベートレッスン3回コー…

  5. ご自身のパーソナルカラーの帯締めで着物コーデを引き立たせて

  6. 着物でテーブルディナー、意識して着付けるポイントとは?