ご年齢や体型とは別に 骨格という存在がある。着物補整の概念について

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

本当にご自身の骨格に合った補整を

【2022年7月31日】

着付け講師という職業柄、
生徒さんやお客様一人一人の体型、体格を
かなり素に近い状態で拝見することがあります。

そうすると、
人ってこんなに人によって体型、体格が違うんだと
驚かされることがあります。

痩せている、ふくよか
年齢
というのは関係なく、
例えば
中肉中背の50代女性が二人いたとして
どちらもまったく体格が違うのです。

これは
骨格が大きく影響しています。

人によって、骨格というのはだいぶ違います。

先日40代のある生徒さんが
「鎖骨あたりが年齢を重ねるごとに薄くなっていく」
とおっしゃっていて、補整について悩んでいらっしゃいました。
実は
年齢を重ねるごとに鎖骨下の肉がうすくなるのは
生徒様の骨格タイプの典型で、
別の骨格タイプの方は
特にそんなことはないのです。
ご自身の中で
「全員が年齢を重ねればこうなりますよね」
と思っていることが
違ったりします。
なので、
着物補整は一律に
年齢別にというわけでもなく
痩せている人向けはこう、
ふくよかな人向けはこう、
というわけでもないのです。

この生徒様は典型的なウェーブさんでした。

左:ストレートさん
中:ウェーブさん
右:ナチュラルさん

(引用:Pierrot)

 

良く言われるのは
ストレートさんは着物補整が最小限で済む
ということです。
平均的な骨の形をしています。
ウェーブさんは
腰骨が張っていないため
おへその位置が下がっており
まず「帯が下がってしまう」という悩みを
おっしゃいます。あと、腰ひも位置が低いため
妙に身丈が余ったりします。
ナチュラルさんは
逆に腰骨が張っているため
帯位置がどうしても高くなってしまいます。
また肩が「いかり肩」なので、
衿を寝かせて着るということが
とても大変だったりします。

ご年齢や体型とは別に
骨格という存在があることを意識するだけで
今までの補整の概念も覆されるかもしれませんね。
本当にご自身の骨格に合った補整を
一度着付け講師や専門家に見てもらうと
より綺麗な着姿になると思いますよ🍀

 

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 花嫁衣裳も今が変化時?色打掛のデザインに対して望む声

  2. 帯揚げを「シルクランドリー」で水洗いしてみた!

  3. 信長の衣装がかっこいい!NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

  4. ミニマリストにおすすめはどっち?着物VSシンプル黒ニット

  5. 2020年夏、新しい、浴衣での過ごしかた

  6. 子供の着物、「肩上げ・腰上げ」は必要?