着付講師が伝授、「着付けが上手くなるコツとは?」

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

「静」と「動」の組み合わせ

【2022年9月13日】

最近、生徒さんたちの着付けレッスンの様子をみていて
ちょっと思うことがありまして、
ブログにて綴っております。☺✨
あ、べつに
思うことがあったとして、
それを心の中でとどめておくことなく、
私は毎回はっきり生徒さん達に伝えていますよ。笑

ということで本題。

「着付けが上手になるコツとは?」

(特に初心者・中級者さん向けのアドバイスになります)


すばり、
着物と帯で違います。

①着物の場合

「いかに脱力で着付けるか」

ポイント1: ちからを抜け
ポイント2: 優しく動かせ
ポイント3: ぐいぐい引っ張るな
ポイント4: ガツガツやるな
ポイント5: ジェントルに

 

②帯の場合

「いかに(力を入れるべきところで)力を入れられるか」

ポイント1: なぜそこで力を抜く?最後までしっかり締めよ
ポイント2: なぜそこで手を離す?しっかり押さえよ

あくまでも、
力を入れるべきところで、なので
基本は帯結びもジェントルに。

静と動の組み合わせ。

まずはこんなイメージで着付けに取り組んでいただき、
そのうち、
何年かすると、(上級者になると)
着付けはほとんど「静」の着付けになると思います。
※だけど着崩れませんよ☺

みなさん、
「静」を目指して一緒にがんばりましょう~🍀

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 着付けがなかなか上手にならない時の処方箋

  2. 【浴衣帯結び】兵児帯(へこおび)のリボンアレンジ

  3. 着物小物類をすっきり収納する和アイテム

  4. 【着付けのポイント】腰ひもを締めるときの持ち方(着付けに慣れ…

  5. 【着付けのポイント】大人女性のための胸補整のしかた

  6. 【着付けのポイント】長襦袢の衿元がゆるんでいく原因は?