着付け前の準備はなぜ重要?準備することは「心を整える」ということ

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

心を整えれば、当日も落ち着いて着付けられる

【2022年10月16日】

継続コースの生徒様、
この日のレッスンは
「リアルお出かけ」を想定し、
まるでお家でお出かけ前に着付けるように、
着付けや帯セットの事前準備を完了していただいてから、
一気に着付けをする、ということをしてみました。
「●●時に出発」という想定でやりますよ~
ともお伝えしました。
(久々ですね、一気着付けは基礎コース7回の修了テスト以来!?(笑))

さて、すべてご準備いただき、
帯セットまでしていただき、
そして着付け開始!

う~ん、さすがです💛
20分で着付け完了!
継続コース生の実力を見せていただきました。笑

着姿です✨

安定感のあるお着付けです!

着物は袷の縮緬、淡いピンク地の庭園柄、
帯は紺地の紬名古屋帯。

後ろ姿です。
お太鼓も安定感抜群。
きれいです。

 

最後にフロントアップで。
笑顔でありがとうございます☺
衿合わせも美しい。

 

決して早く着付けることが一番いいとは申しませんが、
おでかけの時、ある程度時間を気にしなければならず
当日はより一層、意識として
「きれいに着なきゃ」と思うと思います。
そうすると、変に力が入ったりして
いつもの着付けができなくなったりします。
だから、
私は
「事前準備」が大切、
と伝えています。

いつも通りに着付けるには
いつも通りに着物を畳んで、帯セットをして
小物もすべて着付け順に整えて左に置いておくのが大切、と。

準備をおろそかにしてはいけません。
当日バタバタしてしまって、
床に置いてある小物をそのまま拾ったり
クローゼットや収納ボックスからそのまま
小物を探して着付けたり、
またはなんとなく椅子の上に着物小物を
バサッとおいて着付け始めたり。

準備することは心を整えること、
心を整えれば、落ち着いて着付けられるし、
変な力は入らず、
裾が短くなったり
衿合わせがずれたり、
帯結びを失敗したり
帯揚げくちゃくちゃになったりしません。

基本の準備と、
基礎の手順は、
いざというときに、
あなたの着付けを支えます。
すべては
基本、基礎、BASE
ですね。

たまに、こういうお稽古いいですね🎵
みんなにもやってみよう☺🍀

 

Thank you!

 

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 基礎コース(7回)の5回目レッスン、着物はじめてさん山場を越…

  2. 美容師さんの他装コースレッスンの様子・振袖帯結び「ふくら雀」…

  3. 【1Day浴衣レッスン風景】大阪からご参加いただきました!

  4. 秋にぴったり、フクロウ柄の洒落袋帯で着物コーデ

  5. 二重太鼓とお茶会と私。

  6. 夏の紅紗織の帯と、大切な帯締め