着物雨コート、選び方と着方のポイント

『着物って楽しい!』
~多くの日本人女性に、もっと気軽に着物を~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で5分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の自宅個人教室で、笑顔になれる優しい着付けレッスンをしています☺

アップルコート(Apple coat)

こんにちは。
本日2020年6月22日(月)、東京は雨です。
つい最近まで暑い日が続き、単衣ではなく夏の薄物の着物を着ていましたが、
今日は一転、肌寒く、
最高気温は22℃、最低気温は18℃。
もう着ないかなと思った単衣の着物を
たんすから引っ張り出してきました。

やっぱり、梅雨ですね。

さて、梅雨の時期でも外出しなければならない日があります。
私も本日、雨の中、着物用コートを着て外出してきました。

ということで、
今日のブログ記事では、
梅雨の時期必見、☺
着物用の「雨コート」の
選び方のポイントと、着方のポイント
ご紹介したいと思います。

私が愛用している雨の日コートはこちらです。
「アップルコート」
M-2サイズ。

着姿はこちら。

早速ですが、
選び方のポイントは、
以下の3点です。

① 撥水効果があること(当然ですね☺)
② 中の着物が透けない濃い色であること
(中では着物を折り上げているので)
③ 既製品とはいえ、サイズがあっていること

①は、
やはり素材的にポリエステルが一番定番かと思います。
水をはじきまくります。

②は、
意外とあなどれません。
雨コートの中の着物は
上にめくってクリップ留めしていますので、

そんな、大胆な姿を
透けて見えるコートで
公衆にさらしてはいけません。
おすすめの色は、
緑、青、パープルなどのダーク色です。
本当は黄色とかピンクがかわいくて良いのですが、
ちょっと透けるんですよね。
(※参考:
こちらのアップルコートの色展開は7色;
赤、黄、ピンク、緑、青、パープル、黒 です。)

なので、
ここは実用性重視、
透けない緑、青、パープルなどを選んでおいたほうが無難です。

③のサイズがあっていること、
ですが、
こちらのアップルコートは、
Mサイズは3種類展開で、
M1は身長149-153㎝、
M2 153-157
M3 157-161

となっています。
ちなみに、
Sサイズは145-149
Lサイズは161-165
です。

とはいえ、
やはり既製品。
私の場合、
試着もしたのですが、
やはりちょっと着丈が長く、
裾がもたついてしまう。
自分で縫うという方法もありましたが
きれいに裾上げする自信がなく、(泣)
素直に、
街のお直し屋さんに持って行き、裾を2.5㎝短くしてもらいました。
ぴったりサイズだと、
着たとき、草履のところでストップします。
おはしょりなんてコートはできませんから、
ぴったりサイズにすることがポイントだと思います。
逆に短いと
雨の中、水はねが心配です。
足袋に直撃し、汚れそうですね。

以上が、
雨コートの選び方のポイントです。
いかがでしたでしょうか。

次に、
着方のポイントです。

① まず、
アップルコートを羽織り、裾をクリップで帯に留めます。
(家にいるときは、コートを羽織る前にやってもOK!)
(外でやるときは、必ずコートを羽織ってからやってくださいね!)

②後ろのほうも
しっかり折り上げ、もう一方の方もクリップで帯に留めます。
長襦袢の下のほうが丸見えですが、
これで大丈夫です。(笑)
先に上前を上げてから
下前を最後に上げた方が
重なりの順番的にはいいかもしれませんが、
だれも私のコートの中なんて見ていませんので、
どちらが先でもいいと思います☺
とにかく、筒の状態で折り上げる!

③ 完成!

透けていないですよね。

これで、雨の日も
安心してお出かけができますね。

あ、雨草履もお忘れなく!

ちなみに、
こちらの雨コートは
ネットで購入可です。
(『アメダスアップルコート』で検索を!)

今の最安値は13,990円かな?

ちなみに、
このアップルコート、
持ち運びができるポーチ付きです。
雨が降りそうな日に
バッグに入れておくと
便利ですね。

一枚持っていると安心のアイテムです。
これで雨の日の着物生活も怖くありませんので、
着物でお出かけの日も
増えますね。☺

やった~ 雨の日のお出かけがこわくない~!

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・人形町・門前仲町方面を中心に承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

 

着付け教室、出張着付け、よみがえれ☆お着物プロジェクトについて

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 【着物で外出】雨が降りそうな日の、4つの「おすすめ必需品」と…

  2. 1年間和装ブラ研究をし続けた結果、おすすめの和装ブラ2つとそ…

  3. 私に合う足袋を探す旅 ~その②~

  4. 夏に涼しい笹島式シンプル肌襦袢と「さらし補整」

  5. 私に合う足袋を探す旅 ~その③~(最終回)

  6. おすすめの伊達締めはこれ!着姿を左右します