衣裳は、着物は、人の心に寄り添えるのだろうか

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で5分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なプライベートレッスンをしています☺

悲しいときも

【2020年7月23日投稿】

昨日、
急逝した三浦春馬さんのことについて、
ブログを書きました。
➜ 深い悲しみ。着物が似合う俳優さんでした

今日は、
それにちょっと関係するブログ内容になります。

急逝のニュースから
悲しい気持ちを持ち続けている私は、
ふと
数年前に着付けの先生と会話した内容が
頭に浮かびました。

その先生は
大手の着付学院のベテラン着付講師の方。
先生は、
同居していたお義母様が亡くなってから
半年以上着物が着られなかったときがあったそうです。

着付けを始めた理由は、
嫁入りしたその家の義母、お姑さんから逃げたかったから、
家にいるのがつらかったから。

でも、
そのお義母様が亡くなり

着物が着られなくなったそうです。

 

大ベテランの先生が、
着られなくなった時期は
この時だけだったそうです。


 

衣裳って、

気持ちを支えるのに、
役に立っているのかな・・・

着物は、
弱っている気持ちを
支えてくれているのかな。

気持ちを明るくするとか、
テンション上げるとか、

ではなくて、

弱った心を温かく包み込むような
支えてくれるものに
なっているのかな。

ただ、
華やかで、
おしゃれで
モダンで、
美しくて、
姿勢がピンとして、
気持ちもしゃんとして、
所作もきれいになって、
骨盤矯正のように帯が腰に良くて、
健康のためにもなって、

(たしかにこれだけで充分なんだけど)

それだけなのかな。

衣裳は、
どうやって人の心に寄り添えるのかな。

寄り添えるものなのかな…

お葬式には喪服、
でも、
普段悲しいときは、
心が弱っているときは
どんな着物を着ればいい?
どんな着物が心を支えてくれる?

亡くなった人から譲り受けた着物ですか…?
じゃあ、そのようなものを持っていない人は?


普段着物を着ているみなさんは、
とても心が沈んでいる時、
着物を着ますか、
または
着ませんか?

どんな着物を着ると、
心が落ち着きますか?

着物は華やかな衣装だけあって、
「ハレ」やかな話しかあまり出てこないけど、

悲しい時や落ち込んでいる時、

どんな着物を着たいか、
どんな着物が着たくなるか、

こんな話も
人と
できるといいな、と
思ったりしました。

昨日今日と、
ちょっと暗いブログになってしまい
すみません。

明日からは、
いつも通り、
書きます。

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:完全プライベートレッスン or セミプライベートレッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・門前仲町方面を中心に承っています。(その他エリアもOK!)
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

 

着付け教室、出張着付け、よみがえれ☆お着物プロジェクトについて

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 男性用浴衣に合わせる履き物、小物、肌着

  2. 銀座界隈でおすすめの着物ショップ3選

  3. 最高級洗えるきもの専門店、神楽坂の「きもの英(はなぶさ)」さ…

  4. 普段着物が好きな方に特におすすめ!きくちいまさんの本

  5. メンズ浴衣の買い方ポイント記事3選

  6. 着物業界を活性化させる方策、提言したいこと