袴の中の着物着付けと通常の着付けは何が違う?

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

普段着物着付けが基礎になり、袴下の着物着付けができます

【2021年10月18日】

こんにちは。
本日は継続コースの生徒様の
袴レッスンの様子をご紹介します。
生徒様は都内の某区立小学校の先生で
超ご多忙の中、
月に一度、遠方よりレッスンに通ってくださっています。
(ありがたや~)

この日は袴まではいかず、
袴の下の着物までの着付けです。

袴着付けは結構大変!
全体を短く着付けるので
★裾除け
★長襦袢
★着物

通常の着付けより10㎝ほど上げて
裾合わせするのです。

生徒様、
上手に裾上げができました。

そして、
袴といえば半幅帯のリボンに袴を引っかけて
ふわっと袴のヒダが下りる。
そんな着姿ですよね。

半幅帯のリボン(羽根)も
しっかり作りましたよ。

(※マスク有お顔出し許可ありがとうございます☺)
浴衣レッスンをご受講済みの生徒様ですので、
半幅帯の扱いも慣れたものです。

かわいくできました!
袴で隠れてしまうのはもったいない!


ぐるっと半周回して
リボンの羽根を後ろに回しました。
全身もばっちり決まっていますね。
裾の位置もOK!
ご自身のスマホで
全身の状態を確認していらっしゃいます。

ちなみに袴着付けの時は
衣紋はやや詰め気味で着付けます。
(髪型にもよりますが)


フロントもOK!
袴着付けは
半幅帯の上線に位置が大変重要になります。
ここから1.5㎝下に袴の上線がきます。

あと、
きもののおはしょり部分は隠れるからいいとして、
両脇の腰部分も重要。
実はここは袴をはくと
まる見え部分なのです!
しっかり整えられましたね。

ということで、

袴の中の着物着付けと通常の着付けの違い
主に
★裾の長さ
★衣紋の深さ
★脇腰の処理

になりますが、
逆に楽な部分もあります。
★おはしょりをあまり気にしなくていい。(両脇腰以外)
★コーリンベルトを留めた後、折り上げをしなくてもいい。

など。

とにかくベースになる普段着物の着付けをマスターしてから
袴着付けをすると
スムーズに習得できますね。
生徒様、引き続き袴着付けがんばりましょう~!

 

また、
お好みで、
まったく袴を着る機会はないけど
ちょっと袴着付けやってみたい!
という方にも、
袴着付けレッスンご受講を承っていますので
どうぞお気軽にお声がけくださいね🍀

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)
🌸出張着付け:銀座・月島・勝どき・佃・豊洲・晴海・日本橋・人形町・門前仲町方面を中心に承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 下のお問い合わせをクリック🌻

 

着付け教室、出張着付け、よみがえれ☆お着物プロジェクトについて

 

 

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添って』教員歴19年、日本文化に長年携わり、現在は着付講師・着付師としてサービスを展開中|東京都中央区|マンツーマン指導個人着付け教室代表

関連記事

  1. 令和女子こそ着物を着る!20代前半の私のトレンドファッション…

  2. 他装セミプライベートレッスン風景・七五三7歳四つ身&袋帯

  3. 着付けができるから、黒留袖の準備も理解しながらできる。

  4. 着せ付け(他装)レッスンにチャレンジ!

  5. お子様の七五三のお詣りは訪問着&袋帯で!

  6. 合格しました!着物初心者さんがわずか7回のレッスンでここまで…