知人や親せき、甥っ子姪っ子の結婚式に、着物を着てみてはいかがでしょうか?

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

ドレスのように流行に左右されず、自分らしい優雅な着こなしが可能✨

【2022年8月29日】

知人や友人、ご兄弟、姉妹、親戚、
甥っ子さんや姪っ子さんなどのご親族など
結婚式にご参列される場合、
着て行くドレスに迷いますよね。
流行もあるし、
10年前に着て行ったあの時のドレス、
今回の披露宴にも着て行っていいものだろうか?など
迷ったりしますね。

とは言ってもドレスは
簡単に着られるし、無難で、
気軽に着られます。
流行を気にするならレンタルにして
その時の旬の衣装を着るということも可能です。

(写真引用:OTONA dressホームぺージ)↑素敵なドレスばかりですね✨

ただ、一つ弱点を言うとしたら
「ありきたりになる」
っていうことでしょうか。
おそらく、その式場では
自分と同じようなドレスを着ている女性が
多くいらっしゃると思います。

とにかく、華やかに、且つ無難な衣装を
みなさん気を遣って選んで着て来ると思いますので
おおよそ上記の写真のようなドレスになってくるのだと思います。

あ、私はもう少し個性を出したい。
もちろん主役は花嫁さんだけど
知人として私らしい装いをしたい、
というのであれば
流行り廃りのない「着物」というのは
万能だと思います。

(写真引用:晴れ着の丸昌ホームページ)

レンタルもいいですね。
(上の写真はレンタル価格です)

でも、
訪問着でなくとも
付け下げや色無地、江戸小紋でもいいですよ。

(写真引用:銀座きもの青木ホームページ)


結婚式での集合写真、
みんながドレスの中、
自分は優雅で洗練された着物を着ている。

素敵じゃないですか?☺

なにより
主役の花嫁さんを引き立てつつも
自分も満足する衣装を着ている。
周囲の方々にも一目置かれると思います。

このような感じで、結婚式に着物を着て行くのも
いいですね!
20代の方は若々しい淡い色などの訪問着や振袖で、
30代の方は優雅さも加えて訪問着などを、
40代の方はしっとりとした訪問着や親族なら色留袖で、
50代の方はエレガントさと落ち着きのある訪問着、色無地で。

※ご自身のお子様が結婚される際は
お母様はもちろん「黒留袖(5つ紋)」です🌸

いかがでしょうか?
今後結婚式にお呼ばれされる際は
ぜひ着物を着て行くという選択肢も
入れてみてはいかがでしょうか?

 

ところで、
私は今秋に義母と義父の米寿のお祝い会があり
九州の夫の実家へ帰省するのですが
現地へ着物を持って行って
訪問着を着る予定ですよ。

多くの人が集まる会の中で
主役に敬意を表しつつ
自分は礼装着物で自分らしい衣裳を身にまとう。
私自身が着付け講師ということはさておき、
お祝いの席で日本人らしい衣装を着るというのは
良い事だと思っております。☺

ちなみに今、その訪問着は
和裁士さんが頑張って仕立ててくださっています。
(※着物リサイクルショップ「今昔ながしま」さんで購入した着物、
本当は5,000円なのにその時手持ちのお金がなくて
4,000円でいいよと優しい店主は言ってくれて4千円で購入。
それを和裁士さんに送り、現在全部ほどいて、洗い張りして、紋(背紋)を消して、マイサイズに仕立て直してもらっています。
数万かけて。。。笑
出会えるかどうかわからないほどのお宝発見並みの、めちゃめちゃ良い訪問着だったのですよ。)
(ブラウン地の紗綾型地紋に金刺繍の鳳凰柄)

ということで、
おめでたい席に
ご自身らしい着こなしで
着物をお召しになるというチョイスを
みなさまどうぞご検討くださいませ🍀

 

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 時代劇の着付けがきれいすぎて不自然

  2. 正絹の九寸名古屋帯を水洗いしてみた結果

  3. 糸をつむぐという体験から、生産者を想う

  4. 「ちょっとの着物外出」練習が、着物本番の日に役に立つ

  5. コロナの中、着物を自粛するべきか?

  6. 長襦袢の「単衣」って、いつから着るの?どんな種類があるの?