【番外編】特急ラビューに乗って秩父へ ~女一人旅 日帰り編~

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

秩父といえば、銘仙

【2022年12月13日】

12月某日、
いきなり私は山へ行きたくなった。

しかし登山は苦手。
散策くらいならできるけど1人では・・・

YouTubeを適当に見ていたら
秩父への旅が出てきた。

あ、そうだ、

秩父へ行こう。

思い立ったが吉日、
わたくしめ、
行ってまいりました。
(日にちは何度が見送り、ようやく行けたこの日)

西武鉄道 特急列車
「特急ラビュー」

あ、お伝えが忘れましたが、
わたくしめ、「乗り鉄」です。

この日は平日、
座席は駅で予約よりネット予約をおすすめ。
座席指定ができるので。
8号車、だれもいない。笑
(池袋駅ー所沢駅間8号車は私一人でした。笑)

池袋発、西武秩父駅着の特急は
8号車がおすすすめ。

最後の席、
12B席が最高のビューの席です。
窓枠の拘束もなければ、
飯能駅からのスイッチバックでも
座席をひっくり返せば
運転席から最高のビューが楽しめます。
鉄たちがこぞって取る席です。
(とくに休日は取るのが大変)

もちろん
わたくしめは、余裕で
とりました。
乗り鉄ですから。

実際とったのは12A席。
まぁBはだれも予約しないだろうと豪語、
スイッチバック後はB席に座った。
(車掌さんは不振に思ったかな?笑)


飯能駅のスイッチバックまで
窓からのビューは最高!
池袋、所沢、入間の間は
走行中富士山が見えますよ。
なので、
行きの座席はC,DよりA,B席がおすすめ。

 

飯能駅到着。スイッチバック!

座席をひっくり返します。

登山鉄道みたい。

(8号車12とはいえC,D席はおすすめしません。運転席があって、全然前が見えない)

ということで、

スイッチバックから30分、
ようやく西武秩父駅へ到着。
(池袋駅からは80分です)

駅に降り立つわたし、
あ~~~~きもちいい~~~


超晴天。

さて、
早速おひるごはんを食べに行こう。

事前にチェックしていたお蕎麦やさん。


11:30開店なのですが、
15分前から並んでいたわたし。
1人、食べる気まんまん。


リラックス~~~

天ざる🎵

いっただっきまーす!

うん、

文句なしの旨さ☺!
最高だよ、
天ぷら最高、
蕎麦最高、(新そば)
これで1500円。。。?

うそでしょ?
都内なら倍しますけど。

一気に平らげました。

心もお腹も満足したら、次は、銘仙館へ。
きものの「銘仙」です。
秩父が有名ですね。




秩父の土地は、石灰が多く含まれているから
野菜などの農業に向かなかったらしい。
で、
お蚕さんを育てることにして、
そのお蚕さんが食べる桑の葉を育て、絹を生産する産業が発達したらしい。

京都や大阪からの業者がこぞって秩父に絹を買いに来て
秩父の豪商たちがそれはそれは豪華におもてなしをして、
それで秩父が大きく発展したらしい。
秩父の12月上旬にある「秩父夜祭」という大きな祭りは
そのなごり?らしいですよ。
(「日本三大曳山祭」の一つですよ。あとの二つは京都の祇園祭、飛騨の高山祭です)

街中で絹市っていう言葉をよく見かけるのは
そういうことだったのかな。
お蚕さんに感謝ですね。

さて、
そして、そのあと、
秩父神社へ行き、そして、帰路へ。


帰りの特急券は駅でとったため
好きな席に座れなかった。。。

ビール飲んで帰りましたさ。

秩父滞在時間たったの3時間!

でもね、
でもね、
とってもリフレッシュできたんですよ🍀

みなさんはどんなリフレッシュ旅をしていますか?

 

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京、国内、海外より承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 深い悲しみ。着物が似合う俳優さんでした

  2. 着付け教室の玄関の絵(己書) ~12月~

  3. 浴衣でサンシャイン水族館(池袋)へ行ってみた①

  4. 【今週のお花】ふんわり紫陽花で季節を感じ

  5. 着付け師の(痛めた)腕を治してくれます!さすが鍼灸師

  6. 着物で弘前旅行②2022年4月 ~旅先の宿での着付けのコツ~…