春になったら明るいグリーンの帯揚げを

春から初夏にかけて登場する、グリーンの帯揚げ

着物コーディネートの楽しさの一つとして、帯揚げのアレンジがあります。
私は、この帯揚げの色使いが結構好きで、存在感はそれほどないのですが、少し色が変わるだけで雰囲気がガラっと変わるので、かなり帯揚げの色使いを重視しています!(笑)
トップの写真は、クリーム色の着物、シルバーグレー名古屋帯、そして爽やかなグリーンの縮緬帯揚げです。竹を想像させられる縦ラインが入った柄になっています。帯締めは薄いパープルの冠組。
この爽やかグリーン、桜の季節には早いかもしれませんが、ちょっぴり季節先取りで、初夏をイメージしています☺。毎年出番は3~5月ごろまで。ほかの季節に使うと、やっぱりなんだか浮いてしまいます。なので、この季節限定の帯揚げになりますね。

帯揚げと帯締めを変えてみた

 

グリーンを外し、ライトグレーの縮緬に変えてみました。
おや?ちょっと帯締めと馴染みすぎてしまいますね。
ということで、帯締めを変えてみました。
エンジとグレーの平組です。
みなさんは上と下の写真、どちらのコーディネートがいいと思いますか?
(え?そもそもライトグレーの帯揚げがなんか違う?(笑))
ちなみに、このクリーム色の着物の定番帯揚げは、桜色、ベージュなどがあり、
馴染んできれいなのですが、
最近飽きてきたので、ライトグレーを使うようになりました。
う~ん、帯との色使いの問題?
もうすこし研究してみたいと思います。
ということで、春のこの季節に合う、グリーンなどの爽やかな色は出番が限られていますので、今、たくさん使っておこうかと思います☺!

 

 

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添って』教員歴19年、日本文化に長年携わり、現在は着付講師・着付師としてサービスを展開中|東京都中央区月島・徒歩3分|マンツーマン指導個人着付け教室代表

関連記事

  1. 秋の単衣の季節に向けて着物も「季節先取り」コーデに

  2. お祖母様から譲り受けた初夏向けの着物「小千谷縮」を着てみた!…

  3. 着付け講師の冬の着物コーデ、寒いけど天気の良い日に地厚の色無…

  4. イチゴ柄の可愛らしい鼻緒の草履が主役、コーデの効き色として

  5. 着物、帯揚げ、レースの薄羽織を同色でそろえた洗練された装い

  6. 「ハード」系の着物スタイル、かっこいい着物と草履で