半幅帯結びをしたあと、スムーズに後ろに回すためには?

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

ゴム付き帯板派にはこの中間的存在がありがたい。

【2022年7月26日】

半幅帯は
様々な帯結びがありますが、
基本的に前で結んで
結び終わったら後にぐるりと回します。
そのとき、
結構苦労したりします。
帯板まで回ってしまったり、
しっかり締めすぎていてまったく回らなかったり

そんなとき、
このグッズがお助けしてくれますよ✨

たかはしきもの工房
「前結び用補助板 とるる」

(写真引用:たかはしきもの工房ホームページ)
これを巻いてから、半幅帯を巻きます。
ゴム付き帯板派には
この中間的存在がありがたい。

じつはこちらの製品は
帯結び(名古屋帯も袋帯も)前結び派のためのものですが
半幅帯にも活用できます。

 

もちろんわたくしめも購入済み、
ドット柄がかわいい「とるる」、
面のところは
びっくりするぐらいスベスベです。

この右脇の下のゴムを引っこ抜くと、
あとでスルル~ときれいに取れます。
6,380円(税込)と、
少々お高いところが気になるところではありますが、
私は結構重宝しています🍀

 

半幅帯好きの方は
ぜひご参考にしてみてくださいね☺✨

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 夏の半衿(絽)の準備と絽半衿の出番のタイミング

  2. 着物雨コート、選び方と着方のポイント

  3. 時短着付けにも便利!「婚礼用」肌襦袢がおすすめな理由とは?

  4. こまものや七緒で販売している大久保信子流裾よけ(梅鼠色)がお…

  5. 生徒様からの「洗える長襦袢の衿元の汚れが落ちません」に対する…

  6. 着付けおすすめグッズ・この「ゴム付き帯板」はすごい!