真夏の着物姿の足元は少しでも涼やかに!おすすめの2点とは?

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

裸足と下駄の組み合わせより、涼しいです。

【2023年7月29日】

梅雨も明け、
いよいよ燃えるような真夏の季節がやってまいりました!
みなさん、
夏のお着物や浴衣を楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

夏の着物は暑さとの戦い。

「肌着も補整も、着物も限界まで涼しくしました!」
という方へ。
あとひとつ・・・
「足元対策」は
いかがされていらっしゃいますでしょうか?

足元もまた
グッズを代えると涼やかになりますよ。

ということで、
本日のブログでは
夏着物を着た時のおすすめ足元2点(涼やかバージョン)を
ご紹介いたします。

それでは、早速ですがまず一つ目は、



「本麻の足袋」
です。
(※写真引用:以下全て楽天市場)

シャリっとした感触、
肌にまとわりつかない麻の生地、
もはや汗だくの季節の必須アイテム


価格帯も、それなりです。
購入のポイントは、
ただの「麻」ではなく
しっかり「本麻」と書いてある商品を選ぶことです。
麻だけだと、薄っぺらい場合もありますし、
麻混という意味だけだったりします。
4,000円前後の足袋を選べば安心かと思います。
(ちょっと高いですが)

ちまたに、
レース足袋などがありますが、
圧倒的に麻のほうが涼しいです。
というか、
長時間の真夏のお出かけには
化繊のレースより、圧倒的に自然素材の麻のほうが耐えられます。
裸足のほうが涼しいんじゃない、という方も
いるかもしれませんが、
裸足より涼しいと、私は感じています。
麻は吸湿性が高いですからね。

尚、
見た目の生地感は、やはり「麻」なので、
たとえ暑がりさんだとしても
秋、冬、春の着用は季節外れになりますので避けた方がいいでしょう。

 

さて、そしてもう1点、
おすすめ涼やか足元アイテムは、



「パナマの草履」です。

パナマ草履とは、
パナマ草を加工して編んだ草履のことですが、
とても履きやすく、また、
吸湿性も高くて風通しもいいので
まったく蒸れず、ベタベタ感もなく、
とにかく、常にさっぱりなのです。
これも、一度履くと、
他の夏草履が履けなくなります。
本麻足袋と組み合わせて履けば、
「裸足で下駄」より断然涼しいです。
(※個人の感想)

しかし、難点がありまして、
それは、お値段が高い。。。
ということです。
5~8万円くらいします。

ただ、
この履き心地は
本当に最高なので、
間違いなくお値段相応ではあります。
お買い物のポイントとしては、
シーズンオフを狙う事ですかね。
夏の終わりに、次の夏以降のことを考え、
安く買っておく、ということですね。
私もそのように買いました。
(デパートのセールで購入)

もう5,6年履いておりますが、
草履はぜんぜん元気!笑
すげ直しなどすれば
一生モノです。
私も一生履いていこうかと思っております。☺
(6月上旬から8月いっぱいまで毎年履いています)

 

ということで、いかがでしたでしょうか?
このおすすめ2点、
後者のほうはちょっと高かったので、絶対買ってねという
ことは言えませんが、
前者の「本麻足袋」は、本当におすすめなので
ぜひ、試してみてくださいね。
少しでも涼やかな夏着物生活を一緒に送りましょう~🍀

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京、国内、海外より承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添って』教員歴19年、日本文化に長年携わり、現在は着付講師・着付師としてサービスを展開中|東京都中央区|マンツーマン指導個人着付け教室代表

関連記事

  1. こまものや七緒で販売している大久保信子流裾よけ(梅鼠色)がお…

  2. おすすめ「着物スリップ」とは?ブラ機能付き和装スリップ

  3. 夏に涼しい笹島式シンプル肌襦袢と「さらし補整」

  4. 夏着物の汗対策、べたつき防止の必須アイテムは?

  5. 和装ブラ・たかはしきもの工房の「くノ一涼子」を着てみた結果は…

  6. 着物雨コート、選び方と着方のポイント