着物でお出かけ【雨の日対策③】足袋カバー編

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』主宰の梶原淳子です。銀座から地下鉄で3分、東京メトロ有楽町線・都営大江戸線の月島駅より徒歩3分の個人教室で、コミュニケーションを大切にした、じっくり丁寧なマンツーマンレッスンをしています☺

雨の日専用の、こはぜがない足袋カバーをご用意ください

【2022年5月16日】

昨日、一昨日のブログで
着物でお出かけ【雨の日対策①】雨コート編
着物でお出かけ【雨の日対策②】草履編
をご紹介させていただきました☺

本日は最終回、
着物でお出かけ【雨の日対策③】足袋カバー編
です。

基本的に雨の日は
普通の足袋の上に、雨足袋カバーを履きます。
決して単体で履きませんのでご注意を。
(※カジュアル着物などで履いている通常の足袋カバー(ナイロン製など)はそのまま単体で履いてもいいですよ。もちろん重ね履きでもOK!)

ただし、
2重履きになるので厚みが出て、
草履を履いた時、鼻緒がきつく感じるかもしれません。
緩い鼻緒の草履を履かないと痛くて歩けない可能性もあります。
なので、なるべく1枚目の普通の足袋は
薄めのものを履いてくださいね。

 

では早速、本題へ。
足袋カバーの購入ポイントを紹介しますね。
(※写真引用:楽天市場)

≪購入ポイント≫
① ふつうの足袋カバーではなく「雨用足袋カバー」を購入すること

② 「こはぜ」がついていないこと
→ 「撥水加工済こはぜ足袋」でも、やはりNGです。こはぜの隙間から水が入ります。小雨くらいなら大丈夫かもしれませんが。
→ 足袋カバーは基本的にこはぜはありません。

③ 本気で雨から足元を守りたい人は「ゼラノッツ」素材を選ぶこと
→新素材です。

ということで、いかがでしたでしょうか?
昨日ご紹介した雨草履も大切ですが、
まずは足袋を守るために、
雨用足袋カバーは1足は持っていた方がいいですね。

以上、3回に渡り
着物でお出かけ【雨の日対策】
①雨コート編
②草履編
③足袋カバー編
をご紹介させていただきました☺

ぜひ、雨の日の外出も楽しくなるよう、
雨の日対策グッズを揃えてみてくださいね🎵

東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)礼装コース(3回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京その他多くのエリアで承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添った着付けサービス』をコンセプトに、東京都中央区月島にて個人着付け教室を主宰。日本語教師、英語教師と教員歴は19年、日本文化にずっと携わりながら現在は着付講師に専念!

関連記事

  1. 着物小物、涼しいグッズおすすめ4選

  2. おすすめ着付けグッズ・「胸元専用のヒモ」がある!?

  3. 夏の半衿(絽)の準備と絽半衿の出番のタイミング

  4. 浴衣の暑さ対策の強力アイテムとは…!?

  5. 和装ブラ・たかはしきもの工房の「くノ一涼子」を着てみた結果は…

  6. 冷え性必須アイテム!おすすめの着物用冬足袋は?