短い帯&長い帯も簡単帯結び!お太鼓の柄合わせが簡単にできる

『着物って楽しい!』
~ 生徒さまに、寄り添って ~
東京都中央区月島の個人着付け教室『きものスマイル秋桜-cosmos-』代表の梶原淳子です。月島駅より徒歩3分の個人教室で、1対1のマンツーマン指導レッスンをしています。生徒様は東京全区・関東・全国・海外から受講中!

「帯セット&背負い結び」で簡単に✨

【2024年5月5日】

継続コースの生徒様のレッスン風景を
ご紹介します😀
こちらの生徒様、半年ぶりのお稽古です。
ちょっとお休みしていました。
この日は袋帯の帯結び集中レッスンを
ご希望されましたので、
ひたすら帯結びについてお稽古しました。
なのでお洋服でのレッスンです✨
当教室では、
帯結びだけ集中してやりたい生徒様には、
このように着物の着付けを省略したレッスンを
実施しております。
好きなレッスンがお選びいただけますよ😀
さて、
この日練習にお持ちいただいた帯は洒落袋帯。
二重太鼓の「柄合わせ」の練習をしたいとのことでした。
袋帯もそうですが、名古屋帯も「柄合わせ」という技術は
実は自装にとって大変難しい技術になります。
ポイント柄を出す「柄出し」というのは
比較的頑張ればできるのですが(どの流派の帯結びも)
この「柄合わせ」、
要するに
お太鼓の柄と垂れ先の柄を
流れるように合わせる、という技術は
自装おいては大変難易度の高い技術
(もしくは不可能な技術)になります。
偶然できたということはあるかもしれませんが笑
当教室の秘策である
「帯セット&背負い結び」では、
この技術が可能ですので、
色々な帯で(アンティークの超短い帯から
現代の長い帯まで、柔らかいふにゃふにゃ帯から
ハリ感のある帯まで)
今後帯結びをしていきたい方にとっては
本当におすすめの帯結びとなっています✨
生徒様、頑張って帯セットをしています。
柄合わせ中です。ここは
当教室の帯指導の重要ポイント、
✨教室秘密✨の部分になりますので
ブログでは非公表となります。
モザイクかけております。すみません。もうすぐで終わりますよ。

さて、できました。
それでは帯結びをしてみましょう。
セットしてありますので、
簡単に帯結びができますね。
すでに二重太鼓は柄合わせができています!

一度学んだら、
他の帯結びができなくなるほど
簡単時短、きれいにできる当教室の帯結び。
帯締めをして、
はい、完成です!
早速ですが姿をどうぞ。ワンピースの上の帯結びっていいですね。
はいきちんとバッチリ決まってます✨

後ろ姿です。きれいな二重太鼓ができましたね。

さらに、柄合わせの部分をアップで見てみます

お見事!柄がぴったり合っています。
これ、袋帯でやるの本当に大変なんですよ〜
(後結びとかだと)
なんども繰り返して申し訳ないのですが
当教室の帯セット結びなら
楽ちん時短、綺麗にできて、
どんな帯でもできて、
我ながら素晴らしい帯結びだと思っています。笑

最後にフロントアップで。笑顔でありがとうございます😀

こちらの生徒様、
当教室に何年も長く通って
定期的にレッスンを受けてくださっています。
このようにちょっと忘れちゃった、、という技術を
思い出すために、簡単に受講できるのは
当教室がマンツーマン指導のみの教室だからかなと
思っております。気軽に再開できますよね😊

久しぶりに受講してくださるのは
私も大変嬉しく思います。
引き続き技術キープのために
教室でのレッスンを楽しんでくださいね。
またお待ちしてます☘️

 

きものスマイル秋桜-cosmos-  個人着付け教室 
🌸着付け教室:マンツーマンレッスン基礎コース(7回)など
🌸移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン:全国・関東どこでもご自宅へ出張レッスン
🌸出張着付け:銀座・月島・晴海・勝どき・豊洲など東京、国内、海外より承っています。
🌸お気軽にお問い合わせください☺ 

レッスン&サービス詳細は
☟以下のサイトをご覧ください

◆着付け教室
◆移動着付け教室/ご自宅訪問レッスン
◆出張着付け
◆よみがえれ・お着物プロジェクト

The following two tabs change content below.
『生徒様、お客様一人一人に寄り添って』教員歴19年、日本文化に長年携わり、現在は着付講師・着付師としてサービスを展開中|東京都中央区|マンツーマン指導個人着付け教室代表

関連記事

  1. 当教室の生徒様にはレッスン時にブログ非公表の「帯結びの秘策」…

  2. 大人向けの半幅帯結び「矢の字結び」を絽の着物とともに

  3. 礼装着物着付け、着物だけでみっちり2時間お稽古!

  4. 生徒様の4月着物コーデの紹介

  5. 礼装着物の着付けは「補整」が大切!それは自装も同じこと

  6. 夏の紅紗織の帯と、大切な帯締め